国家公務員総合職採用大学別ランキング2017

  • 1位 東大 459名
  • 2位 京大 151名
  • 3位 早稲田148名
  • 4位 慶應 91名
  • 5位 東北大 66名
  • 6位 阪大 63名
  • 7位 中央大58名
  • 8位 一橋大54名
  • 8位 北大54名
  • 10位   東工大53名
  • 11位 九大49名

出典

AERA大学ランキング2017より一部抜粋

スポンサーリンク

総評

国家公務員総合職は偏差値に比例して
公務員就職者数も多い傾向にある。

東大・京大・早慶が圧倒的に強く、
阪大・九大・東北大などの旧帝大、東工大・一橋大・神戸大などの
難関国公立大出身者が強い。

MARCHや関関同立といった難関私大は
国家公務員一般職には圧倒的な合格者数が出るが、
総合職になるのは最上位層のみになる。

これは大学受験時に多くの科目を勉強した国公立大の方が
3教科に絞って勉強した私大生よりも有利であるからだと考えられる。

そういう意味でも私大生は早い段階で公務員試験対策をしなければ、
そう簡単に総合職での合格は出来ない。